8.182 REBUILD_TABLE_INDEX

高速テーブルとして設定されたファイル定義に関連する高速索引エントリーをクリアして再生成します。IBM i の高速テーブルについては、『LANSA/ADユーザーガイド』の「データベース・ファイル属性」を参照してください。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

ファイルの名前が指定されたリテラル、またはその名前が含まれた変数。名前には、特殊値の"*ALL"、完全名、総称名のいずれかを指定できます。

1

10

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード可能な戻り値:

OK:再生成はすべて正常に完了した

ER:1つまたは複数の再生成にエラーが発生した

NR:指定された名前に一致し、かつ高速テーブルとして設定されたファイルがなかった

2

2

 

 

 

STATESと呼ばれるファイルの索引を再生成します。

USE        BUILTIN(REBUILD_TABLE_INDEX) WITH_ARGS('STATES') TO_GET(#RETURNVAL)
 

Sで始まるすべてのファイルの索引を再生成します。

USE        BUILTIN(REBUILD_TABLE_INDEX) WITH_ARGS('S') TO_GET(#RETURNVAL)
 

ユーザー索引エリアを削除して、完全に再生成します。

EXEC_OS400 COMMAND('DLTUSRIDX DC@TBLIDX')
USE        BUILTIN(REBUILD_TABLE_INDEX) WITH_ARGS('''*ALL''') TO_GET(#RETURNVAL)