8.206 START_RTV_SPLF_LIST

この組み込み関数は、GET_SPLF_LIST_ENTRYおよびEND_RTV_SPLF_LISTと共に使用します。この組み込み関数を最初に使用して、スプール・ファイルの取得に関する選択基準を指定する必要があります。指定できる選択条件は、ユーザー名、出力待ち行列名とライブラリ、フォーム・タイプ、ユーザー・データ、およびステータスです。

このSTART_RTV_SPLF_LISTを使用して、選択基準を設定した後で、GET_SPLF_LIST_ENTRYを使用して、スプール・ファイルの詳細を取得することができます。

スプール・ファイルのリストを取り込んだ後には、END_RTV_SPLF_LISTを使用する必要があります。この組み込み関数によって、リストを閉じ、そのリストに割り当てられた記憶域を解放します。

例については、「8.110 GET_SPLF_LIST_ENTRY 」を参照してください。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

任意

ユーザー名

この引数には、取得するスプール・ファイルのユーザー名を指定する必要があります。値*ALLを指定すると、すべてのユーザーが選択されます。

デフォルトは*ALLです。

1

10

 

 

2

A

任意

出力待ち行列名

この引数は、出力待ち行列ライブラリと共に使用し、どの出力待ち行列からスプール・ファイルを取得するかを指定します。値*ALLを指定すると、すべての出力待ち行列が選択されます。

デフォルトは*ALLです。

1

10

 

 

3

A

任意

出力待ち行列ライブラリ

この引数は、出力待ち行列名と共に使用し、どの出力待ち行列からスプール・ファイルを取得するかを指定します。

デフォルトは*LIBLです。

1

10

 

 

4

A

任意

フォーム・タイプ

この引数には、取得するスプール・タイプのフォーム・タイプを指定する必要があります。値*ALLを指定すると、すべてのフォーム・タイプが選択されます。

デフォルトは*ALLです。

1

10

 

 

5

A

任意

ユーザー・データ

この引数には、取得するスプール・タイプのユーザー・データを指定する必要があります。値*ALLを指定すると、ユーザー・データに関係なくスプール・ファイルが選択されます。

デフォルトは*ALLです。

1

10

 

 

6

A

任意

ステータス

この引数には、選択するスプール・ファイルのステータスを指定する必要があります。

デフォルトは*ALLです。

指定可能な値は、*ALL、*CLOSED、*DEFERRED、*SENDING、*FINISHED、*HELD、*MESSAGE、*OPEN、*PENDING、*PRINTING、*READY、*SAVED、*WRITINGです。

1

10

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

任意

戻りコード

OK = リストが正常に開かれた

ER = 引数の選択詳細が無効

NR = 選択引数に一致するスプール・ファイルが見つからない

2

2