8.211 STM_FILE_WRITE_CTL

この組み込み関数によって、データ・ストリームに行終了文字を書き込みます。

関連する組み込み関数:STM_FILE_OPEN、STM_FILE_CLOSE、STM_FILE_WRITE、STM_FILE_READ

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

N

必須

行終了文字を書き込むファイルのファイル番号(ファイル・ハンドル)

この番号は、STM_FILE_OPENによってストリーム・ファイルに割り当てられています。

1

3

0

0

2

A

任意

書き込む行終了文字

有効な値は以下のとおりです。
CR
LF (デフォルト値)
CRLF
NL
LFCR

1

10

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

2

A

任意

戻りコード

OK = 終了文字が書き込まれた

ER = エラーが発生した

2

2

 

 

 

このIBM iの例では、ストリーム・ファイルがIBM IFSに書き込まれます。ファイルは、ディレクトリ/tmpに書き込まれ、example2.txtという名前が付けられます。

データは、データベース・ファイルPSLMSTからの従業員番号の後に、その従業員のスキル・コードが続く形で書き込まれます。スキルは、コンマによって区切られます。従業員に関するデータの終わりは、次の例のように、復帰改行(CRLF)によって示されます。
A0001,ADVPGM,CS
A0008
A0013
A0090,CL,COBOL,ECD,INTRO,MANAGE1,MARKET2,MARKET3,MBA,RPG

開くときのオプションがLineTerminator=NONEのため、行終了文字は、STM_FILE_WRITEによって自動的に書き込まれません。行終了文字は、従業員に関する情報の最後にSTM_FILE_WRITE_CTLによって書き込まれます。

FUNCTION   OPTIONS(*DIRECT)                                       
**********                                                        
DEFINE     FIELD(#FILENO) TYPE(*DEC) LENGTH(3) DECIMALS(0) DESC('Allocated file number')
DEFINE     FIELD(#RETNCODE) TYPE(*CHAR) LENGTH(2)                 
DEFINE     FIELD(#COMMA) TYPE(*CHAR) LENGTH(1) DEFAULT(',')       
DEFINE     FIELD(#OPTIONS) TYPE(*CHAR) LENGTH(256) DESC('Options for stream file open')
CHANGE     FIELD(#OPTIONS) TO('''WRITE Text CodePage=819 LineTerminator=NONE''')
**********                                                        
USE        BUILTIN(STM_FILE_OPEN) WITH_ARGS('''/tmp/example2.txt''' #OPTIONS) TO_GET(#FILENO #RETNCODE)
IF         COND('#retncode *NE OK')                                
MESSAGE    MSGTXT('Error occurred on OPEN')                        
RETURN                                                             
ENDIF                                                              
**********                                                         
********** Read file PSLMST and for each employee get his skills   
********** Write to stream file employee no and list of skills     
**********  comma delimited. Terminate with a CRLF.                
**********                                                         
SELECT     FIELDS((#EMPNO)) FROM_FILE(PSLMST)                      
USE        BUILTIN(STM_FILE_WRITE) WITH_ARGS(#FILENO #EMPNO) TO_GET(#RETNCODE)
**********                                                       
SELECT     FIELDS((#SKILCODE)) FROM_FILE(PSLSKL) WITH_KEY(#EMPNO)
USE        BUILTIN(STM_FILE_WRITE) WITH_ARGS(#FILENO #COMMA #SKILCODE) TO_GET(#RETNCODE)
ENDSELECT                                                        
********** Add line terminator at end of details for employee    
USE        BUILTIN(STM_FILE_WRITE_CTL) WITH_ARGS(#FILENO CRLF) TO_GET(#RETNCODE)
ENDSELECT                                                        
**********                                                       
********** Close stream file and finish                          
**********                                                       
USE        BUILTIN(STM_FILE_CLOSE) WITH_ARGS(#FILENO)            
RETURN