7.118 SUBMIT

Þ: 利用法の確認

SUBMITコマンドは、プログラムまたはプロセス/ファンクションの呼び出しをバッチに送信するために使用します。または、Windowsで実行している場合は、フォームを開始します。

プログラムまたはLANSAプロセス/ファンクションにパラメータを渡すこともできます。

送信する呼び出しがプロセス/ファンクションまたはフォームに対するものである場合、交換リストを使用して情報を交換することも可能です。交換リストとその使用方法の詳細については、EXCHANGEコマンドのセクションを参照してください。

移植性に関する考慮事項

パラメータJOBD JOBQ PARM PGM 、およびOUTQ を参照してください。

参照

7.118.1 SUBMIT のパラメータ

7.118.2 SUBMIT についてのコメント/警告

7.118.3 SUBMIT の使用例

                                                         任意指定

 

  SUBMIT ------- PGM ---------- *NONE ----------------------->

                                プログラム名 . *LIBL

                                プログラム名 . ライブラリ名

 

             >-- PROCESS ------ *NONE ----------------------->

                                プロセス名またはフォーム名

 

             >-- FUNCTION ----- *FIRST ---------------------->

                                ファンクション名、またはフォームを実行する場合は*FORM

 

             >-- PARM --------- パラメータのリスト ---------->

                             | 拡張可能なグループ式 |

                              --------- 最大20 --------

 

             >-- EXCHANGE ----- フィールド名 ------------------>

                           |拡張可能なグループ式 |

                           |                            |

                            --------- 最大100 ----------

 

             >-- JOB ---------- *PGMPRO --------------------->

                                ジョブ名

 

            >--- JOBD --------- QBATCH . *LIBL -------------->

                                *USRPRF

                                ジョブ記述 . *LIBL

                                ジョブ記述 . ライブラリ名

 

            >--- JOBQ --------- *JOBD ----------------------->

                                ジョブ待ち行列 . *LIBL

                                ジョブ待ち行列 . ライブラリ名

 

            >--- OUTQ --------- *JOBD -----------------------|

                                *CURRENT

                                *USRPRF

                                *DEV

                                出力待ち行列 . *LIBL

                                出力待ち行列 . ライブラリ名