7.119 SUBROUTINE

Þ: 利用法の確認

SUBROUTINEコマンドは、サブルーチンの開始を定義するために使用します。また、サブルーチンに渡すパラメータを指定することもできます。

移植性に関する考慮事項

現在のリリースのVisual LANSAでは、相互にネストされたサブルーチンはサポートされません。これは、非常に稀なコーディング技法であるため、問題が生じることはほとんどありません。問題が発生した場合は、関連するサブルーチンのネストを解除し、再コンパイルしてください。

参照

7.119.1 SUBROUTINE のパラメータ

7.119.2 SUBROUTINE についてのコメント/警告

7.119.3 SUBROUTINE の使用例 - 1

7.119.4 SUBROUTINE の使用例 - 2

7.47 ENDROUTINE

7.55 EXECUTE

EVTROUTINE

MTHROUTINE

PTYROUTINE

                                                         必須

 

  SUBROUTINE --- NAME --------- サブルーチン名 ---------------->

 

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意指定

 

             >-- PARMS -------- フィールド名 --  *BOTH -----------|

                             |                 *RECEIVED  |

                             |                 *RETURNED  |

                             |                            |

                              ----------- 最大50 ---------