7.55 EXECUTE

Þ: 利用法の確認

EXECUTEコマンドは、ファンクション内で定義されたサブルーチンを実行するために使用します。サブルーチンにパラメータを渡すこともできます。

サブルーチンの実行が完了すると、EXECUTEコマンドの次のコマンドに制御が渡されます。

参照

7.55.1 EXECUTE のパラメータ

7.55.2 EXECUTE の使用例

7.47 ENDROUTINE

7.119 SUBROUTINE

EVTROUTINE

MTHROUTINE

PTYROUTINE

                                                         必須

 

  EXECUTE ------ SUBROUTINE --- サブルーチン名 ---------------->

 

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意指定

 

             >-- WITH_PARMS --- パラメータのリスト -------------|

                              | 拡張可能なグループ式 |

                               ---------- 最大50 -----------