トリガー・ファンクションの作成

ファンクションをトリガー・ファンクションとして定義するには、FUNCTIONコマンドでTRIGGERパラメータを使用します。

ファンクションをデータ・ディクショナリ・レベルのトリガーとして動作させる場合は、このパラメータの最初の部分に*FIELDと入力し、2番目の部分に、関連付けるデータ・ディクショナリ・フィールド名を入力します。

ファンクションをデータベース・レベルのトリガーとして動作させる場合は、パラメータの最初の部分に*FILEと入力し、2番目の部分に、関連付けるデータベース・ファイル名を入力します。指定するファイルは物理ファイルでなければなりません。

新しいトリガー・ファンクションを容易に定義できるよう、LANSAには、トリガー・ファンクションの土台として使用できる以下のアプリケーション・テンプレートが付属しています。

BBFLDTRIG

フィールド・レベルのトリガー・ファンクション

BBFILTRIG

ファイル・レベルのトリガー・ファンクション

 

ファンクションをトリガー・ファンクションとして定義するときは、以下のガイドラインに従う必要があります

ファンクションをトリガー・ファンクションとして定義する場合、多くの状況で以下のガイドラインに従う必要があります。

Ý 2.8.3 トリガー・ファンクション