トリガーが呼び出されるタイミング

OPEN/CLOSE前

OPEN/CLOSE前のトリガーは、ファイル(またはそのビュー)を開く/閉じる直前に呼び出されます。

OPEN前のトリガーは、別のビューによって開かれていないファイルまたはビューを開くときに呼び出されます。

すなわち、ロジックが「ビュー1を開く」、「ビュー2を開く」の順に定義されている場合(ビュー1およびビュー2はどちらも同じファイルに基づく)、トリガーは、ビュー1を開くときに呼び出されますが、ビュー2を開くときには呼び出されません。

CLOSE前のトリガーは、別のビューによって開かれていないファイルまたはビューを閉じるときに呼び出されます。

すなわち、ロジックが「ビュー1を閉じる」、「ビュー2を閉じる」の順に定義されている場合(ビュー1およびビュー2はどちらも同じファイルに基づく)、トリガーは、ビュー2を閉じるときに呼び出されますが、ビュー1を閉じるときには呼び出されません。

OPEN/CLOSE後

「前」オプションと同様ですが、ファイルを閉じる試行に成功した直後に呼び出されます。

READ前

ファイルからのレコードの読み取りを試行する直前に呼び出されます。入力前のトリガーは、ファイルの「情報」にアクセスできないため(情報がまだ入力されていない)、このトリガーは慎重に使用してください。このモードでは、ファイルへのアクセスに使用されるキーにアクセスできないため、このような操作を前提としたトリガーを設計しないでください。

READ後

レコードがファイルから正常に読み取られた後、レコードの詳細が呼び出し元ファンクションに渡される直前に呼び出されます。仮想フィールド・ロジックは、この段階までに完了しています。

INSERT前

ファイルへの新規レコードの挿入を試行する直前に呼び出されます。以下の点に注意してください。

INSERT後

ファイルへの新規レコードの挿入直後に呼び出されます。以下の点に注意してください。

UPDATE前

ファイル内の既存レコードの更新を試行する直前に呼び出されます。以下の点に注意してください。

UPDATE後

ファイル内の既存レコードの更新直後に呼び出されます。以下の点に注意してください。

DELETE前

ファイル内の既存レコードの削除を試行する直前に呼び出されます。以下の点に注意してください。

DELETE後

ファイル内の既存レコードの削除直後に呼び出されます。以下の点に注意してください。

Ý 2.8.3 トリガー・ファンクション