8.223 UNLOAD_FILE_DATA

要求されたファイルに対するOAMを呼び出し、指定されたフラット・ファイルにすべてのデータをアンロードします。指定されたフラット・ファイルがすでに存在する場合、そのファイルは上書きされます。バージョン・アップグレードの問題については、後の「」を参照してください。

この組み込み関数は、OAMと同じマシンで実行することを想定しています。BIFとOAMはどちらも出力ファイルへのアクセスを必要とします。このBIF をローカル・ファンクションから実行し、ファイルをスーパーサーバーにリダイレクトする場合、各ユーザーの責任において、出力ファイル名がクライアントとサーバーの両方で有効であることを確認してください。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

LANSA ファイル名

1

10

 

 

2

A

任意

出力ファイル・パス/名

デフォルト値 = ....\X_ppp\source\<ファイル名>.dat

1

256

 

 

3

A

任意

OAM の有無のチェック(Y/N)

デフォルト = N

1

1

 

 

4

A

任意

BLOB フィールドとCLOBフィールドのアンロード
デフォルト= N - BLOBとCLOBは、デフォルト(*SQLNULL)としてアンロードされます。
Yを指定し、BLOBフィールドまたはCLOBフィールドがファイルに存在し、かつNullでない場合、このフィールドは、出力ファイル(引数2)と同じディレクトリにあるファイルにアンロードされます。命名規則は、FileName_Field_DiskFile.extです(DiskFile.ext は、LOBのテーブルに保存されるディスク・ファイル名です)。

1

1

 

 

5

A

任意

この操作で削除できるデータベースのロックを解除するためのコミットを実行します。

デフォルト = N, 下位互換性のためです。
Yを指定する場合、いずれのデータベース・テーブルのロックも解除します。

Sybase はこの操作の終わりにロックしたデータベース・テーブルをそのままにします。これにより、そのテーブルが削除されるのを防ぎます。

この値をYに設定すれば、データベース・テーブル・ロックを解除でき、例えば、REBUILD_FILEによってテーブルを削除できます。

1

1

 

 

6

A

任意

CTD 保管レベル
A = 全て(区画+システム)
P = 区画レベルのみ
S = システム・レベルのみ

デフォルト = A

1

1

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード:
OK = ファイルが正常にアンロードされた
ER = ファイルのアンロードに失敗した(考えられる原因 - パスが無効、ディスク・ドライブの空き容量が不足)
NT = テーブルがない
NO = OAMがない。ファイルが存在しないか、またはコンパイルされていません。

NO が戻されるのは、入力オプション3にYを指定している場合だけです。

2

2

 

 

2

L

任意

アンロードされるBLOBフィールドとCLOBフィールドに対して作成されるファイルの作業リスト

256

256

 

 

 

V10.0より、UNLOAD_FILE_DATAによって、.CTD (共通テーブル定義) ファイルのコピーが.CTX (前の共通テーブル・データ) 拡張子で作成されます。

.CTXファイルは、常にその.DATファイルとOAMと共に存在しなければなりません。