7.124 UPRINT

Þ: 利用法の確認

UPRINTコマンドは、フィールドをレポート上に印刷するために使用します。

UPRINTコマンドを使用すると、ページ番号と小計付きの単純なリストを生成できます。UPRINTコマンドで使用できるフィールド属性の詳細については、「RDMLフィールド属性およびその使用法」を参照してください。

非常に簡単なリスト形式のレポートに対してのみUPRINTコマンドを使用することをお勧めします。重要なアプリケーション・レポート、多言語レポート、双方向言語レポートには、PRINTコマンドのみを使用してください。

複雑なレポートや、特定のレイアウトが必要なレポートの生成方法については、PRINTコマンドのセクションを参照してください。

また、UPRINTコマンドで生成されたレポートを閉じる(終了する)ためのENDPRINTコマンドのセクションも参照してください。

移植性に関する考慮事項

このコマンドは、Visual LANSAでサポートされていません。また、今後もサポートされる予定はありません。Visual LANSAで使用すると、ビルド警告が生成され、実行時にエラーが発生します。この機能を使用するコードは、この環境で実行されないように条件付けすることができます。

参照

7.124.1 UPRINTのパラメータ

7.124.2 UPRINT の使用例

                                                         必須

 

  UPRINT ------- FIELDS ------- フィールド名  フィールド属性 --->

                                |           |               | |

                                |            --- 最大7 -----  |

                                 ------ 最大100 --------------

 

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意指定

 

             >-- TITLE -------- *NONE -------------------------->

                                'レポート・タイトル'

 

             >-- REPORT_NUM --- 1 ------------------------------>

                                レポート番号1~9

 

             >-- SPACE -------- 1 ------------------------------>

                                スペースとして空ける行数

 

             >-- WIDTH -------- *DEFAULT ----------------------->

                                レポートの幅

 

             >-- COLUMN_SEP --- 1 ------------------------------>

                                列間の間隔

 

             >-- START_COL ---- 1 ------------------------------>

                                開始列番号

 

             >-- IO_STATUS ---- *STATUS ------------------------>

                                フィールド名

 

             >-- IO_ERROR ----- *ABORT -------------------------|