8.233 ZIP_MAKE_EXE

.zipファイルを自己解凍アーカイブに変換することができます。.exeファイルが実行されると、Zip形式に圧縮されたファイルは現在のディレクトリに解凍されます。

さらに、次のトピックも参照してください。

Zip組み込み関数

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

Zipファイル名/パス名

パスを指定しない場合、ファイルは一時ディテクトリに存在すると想定されます。

ファイル名に拡張子がない場合、.zipが追加されます。

1

256

 

 

2

A

任意

EXEファイル名/パス名

パスを指定しない場合、ファイルは一時ディテクトリに作成されます。

ファイル名に拡張子がない場合、.exeが追加されます。

デフォルトでは、引数1と同じファイル名が使用されます。ただし、.zipではなく.exeが使用されます。

1

256

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード

OK = EXEファイルが正常に作成された

ER = エラーが発生した

2

2

 

 

 

技術上の注記

作成される.exeファイルは、一部のコマンド行オプションにも対応しています。

-t

自己解凍アーカイブに含まれるZipファイルの妥当性を検査します。

-f

ディスクにすでに存在し、ディスク上のファイルより新しいファイルだけを解凍します。

-u

既存のファイルを更新し、必要に応じて新しいファイルを作成します。

-n

既存のファイルを上書きしません。デフォルトでは、ファイルがすでに存在する場合、ユーザーに通知されます。

-o

常に既存のファイルを上書きします。

-q

抑止モード(解凍されるファイルのリストなし)

-qq

さらに抑止されたモード