2.23.2 テーマ

テーマとは?

テーマは、アプリケーションの外観を中央で定義できる、統合のためのパワフルな手法です。テーマを使ってアプリケーションの外観を定義し、色、フォント、枠線などを定義する中心となる場所が提供されます。プッシュ・ボタンやポップアップなどの特定のコントロール全体に適用することもできますし、もう少し抽象的な概念として、見出し 1 、強調、強、など必要に応じて使用することも可能です。

多くの LANSA 機能と同様、テーマは作成してリポジトリに保存できます。そして、LANSA デザイナーでこれを適用すると、アプリケーション全体で再利用できます。これにより、実行以前にアプリケーションがどのような外観になるかを確認することが可能です。

ビジュアル・スタイルと異なるのは、テーマは実行時に名前の一致が行われるため、すべてのテーマを完全に交換することが可能です。一致する名前が見つかった場合、アプリケーションへの新テーマが適用され、これにより、ユーザー・インターフェースが新しい外観で更新されます。

テーマを定義することで、設計時にコントロールにスタイルを適用する作業が大幅に軽減されます。

また、以下も参照してください。

2.23.2.1 システム・テーマ

2.23.2.2 テーマの仕組み

2.23.2.3 テーマ定義

2.23.2.4 描画スタイル

2.23.2.5 テーマの定義

2.23.2.6 アプリケーションにテーマを適用

2.23.2.7 テーマの使用

2.23.2.8 コントロールにテーマを適用

2.23.2.9 アドホック スタイル