7.1 ABORT

Þ: 利用法の確認

ABORT コマンドは、実行中の RDML プログラムを即座に終了します。エラー・メッセージを発行することもできます。ABORTコマンドによってファンクションを終了すると、「異常」終了とみなされ、プロセス全体が LANSA によって取り消されます。コミット制御の関連については、『LANSA/AD ユーザーガイド』の「コミット制御を使用する」を参照してください。

参照

7.1.1 ABORT のパラメータ

7.1.2 ABORT の使用例

7.9 CALL (IF_ERRORパラメータを参照)

7.56 EXIT

7.87 MENU

7.103 RETURN

                                                        任意指定  

                                                                  

  ABORT -------- MSGTXT --------*NONE --------------------------> 

                                'メッセージ・テキスト'                    

                                                                  

             >-- MSGID -------- *NONE --------------------------> 

                                メッセージID                

                                                                  

             >-- MSGF --------- *NONE --------------------------> 

                                メッセージ・ファイル・ライブラリ名       

                                                                  

             >-- MSGDTA -------  代替変数 -------|  

                               | 拡張可能なグループ式   |  

                                -------- 最大20 ---------------