1.1.10 Float

Floatは概数の数値フィールドで、浮動小数点数値データ(SignedやPackedなど固定小数点数値フィールドと対照的なデータ)を保管します。浮動小数点データは概数です。このフィールド・タイプの範囲内で、すべての値が正確に表されるわけではありません。Floatは、LANSAでは数字に分類されます。

Floatタイプのフィールドは算術演算式だけで使用することができます。コンポーネントやファンクションでFloatを表示することはできません。

Floatでは値を保管するためのバイト数を定義します。バイト数が大きくなるほど、数字の正確度は増します。4バイトのFloatは6桁以内であれば正確です。8バイトのFloatは15桁以内であれば正確です。

次のテーブルはFloatで考えられる各バイト長の正確な長さの一覧です。正確な長さはSignedまたはPackedフィールドの実際の長さに相当すると考えることができます。考えられる実行時の小数点以下桁数もテーブルに示されています。

バイト数

正確な桁数(正確な長さ)

考えられる小数点以下桁数

4

6

0 - 6

8

15

0 - 15

 

一般的な事柄については、「1.1.1 フィールド・タイプについて」を参照してください。

フィールド定義の規則

Floatフィールドをリポジトリに定義するときの規則は以下のとおりです。

長さ

Floatは4または8バイト長にすることができます。小数点以下桁数は必ずゼロにします。

有効な鍵盤シフト

ブランク

許容される属性

AB、ASQN、CS、FE、ND、RA、RB、RL、RLTB

編集オプション

不可

デフォルト

*NULL

使用規則

区画タイプ

RDMLX使用可能区画

ファイル

FloatはRDMLXファイルでのみ使用することができます。Floatは実フィールドとして使用することができます。Floatをキー・フィールドとして使用することはお勧めしません。

論理ビュー

Floatをキー・フィールドとして使用することはお勧めしません。

仮想フィールド

Float は演算仮想フィールドでのみ使用することができます。Float はソース・フィールドとしても使用できます。

Float はコード・フラグメント仮想フィールドと共に使用できます。Float をサブストリング、連結、または日付仮想フィールドで使用してはいけません。

事前結合フィールド

Floatは数値事前結合フィールドに使用することができます。

RDML コマンド

Floatタイプのフィールドは算術演算式だけで使用することができます。

例えば、DISPLAY、REQUEST、POP_UP、DEF_HEAD、DEF_FOOT、DEF_BREAK、およびDEF_LINEは、Floatタイプのフィールドをサポートできません。Visual LANSAコンポーネントはFloatタイプのフィールドを表示するメカニズムはありません。

組み込み関数

Float を組み込み関数で使用する場合、有効な引数のタイプは「N」です。

Floatタイプのフィールドは、実行時に0から15桁の間のどこにでも小数点を持つことができるため、一般的にBIFの数値引数には不適切であると考えられています。実際の小数点位置を予測することが不可能なためです。

特殊値

*NULL、*NAVAIL、*HIVAL、*LOVAL、*REMEMBERED_VALUE

変換

FloatからDateやTimeフィールドへ変換すること、またその逆の変換は誤りです。詳細については、「フィールド・タイプ変換」を参照してください。

使用に関する注意事項

プラットフォームについて

ヒントとテクニック

次のトピックも参照してください。

1.1.7 Packed

1.1.8 Signed

1.1.9 Integer