1.1.4 NVarChar

NVarChar は可変長の文字フィールドで、最大長が 1 桁から 65,535 桁までのフィールドです。(文字の数です。バイト長ではありません。)

NVarChar フィールドは、あらゆるコードページの Alpha データを格納します。例えばリストの場合、NVarChar フィールドには1行目に日本語、別の行にフランス語が入ります。

NVarChar の分類は Unicode 文字列になります。

NVarChar は後続のブランクがあれば、それを意味あるものとして扱います。NVarChar の末尾にスペースを連結する場合、そのスペースは保持されます。ただし比較では、スペースは意味あるものとして扱われません。

一般的な事柄については、「1.1.1 フィールド・タイプについて」を参照してください。

フィールド定義の規則

NVarChar フィールドをリポジトリに定義するときの規則は以下のとおりです。

長さ

NVarChar は、1 から 65,535 桁の長さにすることができます。NVarChar には小数部はありません。

有効な鍵盤シフト

ブランク

許容される属性

AB、ASQN、CS、FE、LC、ND、RA、RB、RL、RLTB、SREV

編集オプション

NVarChar は検索事前結合フィールドに使用することができます。

デフォルト

*NULL

使用規則

区画タイプ

RDMLX使用可能区画

ファイル

NVarChar は RDMLX ファイルでのみ使用することができます。NVarChar は実フィールドまたはキー・フィールドとして使用することができます。キーとして使用する場合、長さは2,000文字を超えてはいけません。

論理ビュー

NVarChar はキー・フィールドとして使用することができます。キーとして使用する場合、長さは 2,000 文字より少なくする必要があります。

仮想フィールド

NVarChar はコード・フラグメント仮想フィールドと共に使用できます。

事前結合フィールド

NVarChar は検索事前結合フィールドに使用することができます。

RDML コマンド

DEF_FOOT、DEF_BREAK、およびDEF_LINEのみRDMLフィールドの印刷がサポートされます。ですから、レポートで使用するには、NVarChar を Alpha に変換する必要があります。

組み込み関数

NVarChar を組み込み関数で使用する場合、有効な引数のタイプは「A」です。

特殊値

*NULL、*NAVAIL

変換

詳細については、「フィールド・タイプ変換」を参照してください。

使用に関する注意事項

     そのため、アプリケーションでは、空の NVarChar と 1 個のブランクが含まれる NVarChar を区別できないことに注意してください。また、長さ 0 の NVarChar をデータベースへの挿入前に連結した場合と読み取り後に連結した場合とでは、追加スペース分だけ異なります。この矛盾をなくすには、式で NVarChar を使用する前に末尾スペースを切り捨てることです。RDM L内の空の NVarChar と、データベースから読み取った 1 個のスペースが含まれる NVarChar rを比較する場合、比較において末尾スペースは意味を持たないため、等しいものと判断されます。末尾スペースが意味を持つのは、連結などの式内のみです。

プラットフォームについて

ヒントとテクニック

次のトピックも参照してください。

1.1.2 Alpha

1.1.3 String