[保管数]

メモリーに保管する取得される事前結合フィールドの値の個数を指定します。

この値は、「1 対 1」の関係の場合にアクセス経路に定義されている事前結合フィールドに適用されます。(「[最大レコード]」を参照)

ルール

ヒントとテクニック

さらに、次のトピックも参照してください。

『Visual LANSA 開発者ガイド』の「事前結合 フィールド の作成

結合の[タイプ]

Ý 3.5.1 アクセス経路の定義