11.4.2 式の中のメソッド

式の中でコンポーネント・メソッドや組み込みファンクションを使用できるようになりました。例えば、以下のようになります。

Change #STD_TEXT To( #COM_OWNER.StringMethod( #ADDRESS1, #ADDRESS2))
Change #STD_NUM To( #COM_OWNER.NumberMethod( #SALARY ) * 2 )
Change #STD_COUNT To( #ADDRESS1.Trim.CurSize)
 

構文は、以下のとおりです。

#VariableName[.Features].MethodName[ ( [Parameters] ) ]
 

メソッドにパラメータを指定する場合は、MethodNameの後に、パラメータの指定を始めるための左括弧を記述する必要があります。埋め込みスペースは使用できません。

パラメータが不要な場合は、括弧も省略できますが、左括弧を指定した場合は、その後に埋め込みスペースなしでメソッド名を記述しなければなりません。

パラメータは、位置で指定することも、「11.4.4 名前付きのパラメータ 」を使用することもできます。

Ý 11.4 式の機能強化