2.28.1 ActiveXコントロール

ActiveXコントロールは、サード・パーティ製の再利用可能コンポーネントです。標準に準拠して作られているため、ActiveX技術に対応してさえいればどのアプリケーションにでも埋め込んで使えます。Visual LANSAでは、ActiveXの完全なサポートを提供します。

ActiveXコントロールの例としては、カレンダー、テキストの整形、グラフ作成、スペル・チェッカー、高度なグリッド制御、Webブラウザーなどがあります。また、Microsoft Office Suite (Word、Excel、PowerPointなど) をはじめとするさまざまなアプリケーションを、ActiveX技術を使ってVisual LANSAに統合することができます(詳しくは「2.28.2.11 ActiveX対応アプリケーションとの統合」を参照)。

LANSAでは、ActiveXコントロールやCOMオートメーションの機能を使えるほか、LANSAコンポーネントをラッピングして、ActiveXコンポーネントとして扱うこともできます。

2.28.2 ActiveXコントロールの使い方

       2.28.2.1 ActiveXコントロールを使うに当たっての制約事項

       2.28.2.2 ActiveXコントロールの入手

       2.28.2.3 ActiveXコントロールのダウンロードとインストール

       2.28.2.4 ActiveX コントロールのリポジトリ登録

       2.28.2.5 登録済みのActiveXコンポーネント

2.28.2.6 ActiveXコントロールの表示

2.28.2.7 ActiveXに特有の用語

2.28.2.8 ActiveXコントロールの使い方

2.28.2.9 ActiveXのエラー・トラップ

2.28.2.10 使用許諾と配布

2.28.2.11 ActiveX対応アプリケーションとの統合

2.28.2.14 ActiveXコレクションを操作する構文に関する重要な注意