接続アルゴリズム

DBCL = 1の場合、接続アルゴリズムは、提供されたユーザーIDとパスワードを使って (ODBC API SQLConnectを使って) メイン・データベースにログオンします。ログオンが失敗するとLANSAは致命的なエラーと共に終了します。その他のデータベース内のファイルは、提供された接続情報を使ってログオンされ、ログオンが失敗すると、ユーザーは (ODBC API SQLDriverConnectを使って) 詳細なデータベース接続情報を求められます。

DBCL = 2の場合、データベース・ログオンは、様々な異なるパラメータを使って、多数の省略値のログオンの試みを実行します。PC外部ファイルは、DBCFフラグが影響を与えず省略値の接続メソッドがどれも機能しない場合を除き、LANSA V11.3内で行うのと同様、最終的にユーザーからの接続情報を求める以外、基本的には同じです。

DBCFフラグを指定することにより SQL Anywhere アルゴリズムのステップは変更されませんが、特定のステップで試みられている種類の接続より、DBCFフラグの方が優先順位が高い場合、各ステップのふるまいは変更される場合があることに注意してください。例えば CT_INTEGRATED_LOGONが設定されると、信頼済み接続がユーザーID/パスワードの使用より優先順位が高いため、SQL Anywhere接続のステップ3は信頼済み接続と同じように機能します (優先順位については、「17.4.2 DBCF フラグ」を参照してください。

The DBCL = 2 アルゴリズムは、次のような場合に記述されます。