[ファイル読込み後に仮想フィールドの値を設定]

仮想フィールドが、実フィールドを読み取った後にファイルから設定されるかどうかを指定します。

このオプションは、ファイルから情報を読み取る際に、仮想フィールドが作成されることを意味しています。この指定を行うと、情報が設定されて表示に利用できます。例えば、日付が YYYY/MM/DD 形式で格納されていて、ファイルのデータは日付順で適切にソートすることができる場合に、ユーザーにはこの日付を DD/MM/YY で表示させるという場合に利用できます。

デフォルト:NO (チェックなし/未選択)

ルール

ヒントとテクニック

さらに、次のトピックも参照してください。

[ファイル書込み前に実フィールドへ値を設定]

Ý 3.3 ファイル内の仮想フィールド