現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > LANSA バージョン14の新機能 > その他の拡張機能 > リポジトリ・オブジェクトと同じ名前の Visual LANSA コンポーネント定義を許可

リポジトリ・オブジェクトと同じ名前の Visual LANSA コンポーネント定義を許可

これまで、リポジトリフィールドやコンポーネントと同じ名前のローカルコンポーネントを作成することはできませんでした。この制限は取り除かれました。

LANSA バージョン 14 SP2 の新機能
LANSA 開発者センター ウェブサイト
LANSA for Web の新機能
最初のモバイル・アプリケーション
Web /モバイル用テンプレートとサンプル・アプリケーションの使用
モバイル・アプリケーション・テンプレート
サンプル・アプリケーション
モバイル、タブレット、デスクトップ向けのレスポンシブWeb アプリケーション
Google マテリアルデザイン コントロール及びテーマ
LANSA でのマテリアルデザイン コントロールについて
IDE のマテリアルデザイン
Visual LANSA フレームワークの新機能
VLF-ONE 配布テンプレート
10分以内にモバイルアプリを作成
IDE のホームページからフレームワークを起動
Visual LANSA IDE の機能拡張
LANSA のデスクトップ・アイコン
新しい IDE ホーム ページ
ソースコード内でのダイアグラムやマニュアルへのリンク
テーブルのクイックルール
テーブルのデータを表示
新しい組み込み関数
数値と文字のマスキングの正規表現
電子メールアドレスやパスワードの検証の組み込み関数
URLEncode と URLDecode の組み込み関数
非 IBM i 開発者ビュー
新しいソースコードのフォーマット・オプション
その他の変更
デザインテーマタブが削除されました
グループとフレームワークの削除
Web アプリケーションの CSP (Content Security Policy)
CSP ファイルの編集
Windows テーブルの新規ロード
データソース
データソースの作成
データソース・テーブル
テーブル・オプション
プレビュー
インポートの完了
変換プロセスの理解
LANSA のネーミングポリシー
テーブルの再ロード
ロードと再ロードの問題
新しいフィールドまたは既存の更新?
Git 統合による機能拡張されたバージョン・コントロール
バージョン・コントロール設定
バージョン・コントロールのステータスと履歴
バージョン・コントロールのフォルダ管理
バージョン・コントロール・オブジェクトとアクション
LANSA DevOps と配布
アプリケーションの配布
配布ツールの変更
パッチメカニズムの変更
MSI
新しいテーブルデータ処理オプション
ホームページとして設定
インストール
その他
RESTFul Web サービス
RESTFul Web サービスの使用
JSON パース
RESTFul Web サービスの発行
命名方法の変更
IBM i サーバーとの外部プログラム統合
より簡単な RDMLX 使用のためのラップされたインテグレータサービス
新しい LANSA の評価導入
RDMLX 拡張ライブラリ
V14 SP2 のインストール
その他
IBM i 側のソフトウェアを保管ファイルとしてして提供
LANSA バージョン 14 SP1 の新機能
LANSA for Web の更新
レスポンシブなデザイン機能
レイアウト・マネージャ
デザイン
可変サイズ
レイアウト ヘルパーの変更
Web ページ テンプレート/サンプルアプリケーション
Web ページ・テンプレートの使用
基本レイアウト
モバイル レイアウト
Outlook レイアウト
アプリケーション レイアウト
テンプレートが作成するもの
新しいレイアウトの振る舞い
Visual LANSA フレームワーク
更新された Visual LANSA IDE ホームページ
クラウドでのアプリケーション開発と配布
インストール/アップグレード/配布の機能拡張
オプションの省略値
ローカルの lroute.dat ファイルが省略値に
新しい Web サイトオプションが多くの Web 関連のオプションを置き換える
LANSA Integrator
LANSA バージョン14の新機能
Web 開発のための Visual LANSA
Web のデスクトップ・ユーザー・エクスペリエンス
全ての Web 開発を一つの言語で
Windows 及び Web 開発を一つのスキルセットで
Web 開発のための Visual LANSA
サーバー
Visual LANSA フレームワーク
既存の Visual LANSA フレームワーク をご使用のお客様への注意点
Visual LANSA が Amazon クラウドで使用可能
クラウド・ライセンスのメリット
LANSA クラウドのしくみ
Amazon マシンイメージに含まれるもの
LANSA Mobile がApp Storeで入手可能に
モバイル LANSA アプリ
ウィジェット
ウェブレット
テーマ
テーマの作成
テーマ描画スタイルの設定
アプリケーションにテーマを適用
開発時テーマ
テーマの適用
描画スタイルを手動で適用
"アドホック" スタイル
テーマ/スタイルの階層
WAM 関連の機能拡張
新しいウェブレット
ウェブレットプロパティの表示機能拡張
マニュアル
オンラインでのマニュアル提供
コマンドと組み込み関数参照の機能拡張
配布ツール
クラウドへの配布
Web アプリケーション配布時の Visual LANSA オブジェクトのサポート
実行パラメータの拡張
追加の LANSA 機能の拡張
パッケージ設定の更新
テンプレートの変更
非 LANSA オブジェクト配布の LANSA ルートフォルダサポート
その他の拡張機能
LANSA Integrator
ブラウザで JavaScript から IBM i リソースを使用するウィジェット
新しい組み込み関数
サードパーティ ソフトウェアの新しいバージョンのサポート
サードパーティ ライブラリのアップグレード
Linux 64 ビッド 及び Windows での MySQL のサポート